2018年5月14日

貸し切りのプールで



今日は朝9時からプール講習でした。
他の利用者が全くいない状態。

スキンダイビングで、水中に長くいられるように。
との希望だったので、グランブルー名物!
【息止め】にチャレンジ

2分37秒と、大幅にアップしたようです😊

福井県での海洋講習にも是非参加して下さいね。

2018年5月8日

ライセンスカード


来年以降になりますが、AIDAのフリーダイビング・インストラクターコースの受講を予定しています。


グランブルーでは、「本格的なフリーダイビング」と、「楽しく潜るスキンダイビング」の両方ができる環境を提供しています。

1、日本海神子では-52
2、白崎海洋ではビーチでの素潜り
3、水深のあるダイビングプール
4、水平潜水の練習環境

AIDAのコースを開催できる環境が揃っています。

ライセンスコースが開催可能になれば、AIDAの認定証を発行できる関西で唯一の団体になります。

日本国内でもAIDAコースを開催している指導者や団体は数名しかいないようです。

コースを開催できるようになると、さらに注目を集める事ができ、これからも沢山の人が参加してくれるようになると考えています。

そして、継続して参加してくれている人達の期待や要望に応えるられるようになります。

(PADISSIなどスクーバ団体のフリーダイビングライセンス講習は色々とありますが… 内容などを見る限りあまりお勧めできません)


『多くのフリーダイバーが憧れるグランブルーの海』

日本海神子の海は-52mです。 

「誰でも」「いつでも」「簡単に」潜れる深さではありません。

計画的な目標設定、トレーニング、十分な経験、閉息能力、基礎体力、柔軟性、耐水圧耐性、泳力などを備える必要があります。

私自身の経験ですが、毎週末に海で潜る頻度では、水深-40mでもラングスクイズを起こすことがあります。

日本人トップダイバーは語ることはないかもしれませんが(大人の事情で)、全ての選手が身体の不調と闘いながら記録に挑んでいます。

-52mの深度は健康状態に不安がある場合や、潜水能力のない人間が求める深さではありません。

これからフリーダイビングや素潜りにチャレンジしたいと思っている人や、興味を持っている人がいたら必ず伝えてあげて下さい。

『でも!』 潜ってみたい。 
それがフリーダイバーですよね。

私も同じ気持ちのフリーダイバーなので、危ないから『ダメ』の一言で終わらせるつもりはありませんので安心して下さい。

大変で、時間もかかって、厳しい課題を押し付ける事もあるかも知れませんが、健康的に、楽しく52mを潜れるダイバーをサポートできればと思っています。

さらなる進化を目指して頑張ります!!
新生グランブルーもよろしくお願いします😊

グランブルー 
酒井 博

2018年5月3日

AIDA freedive instructor course

いつものようにスコール☔️😖

フリーダイビングのインストラクターコースを受講した後のプランを打ち合わせしてます📝🤣

写真では分かりにくい?
かもしれませんが⚡️☔️
大雨です😭